静脈内鎮静法

静脈内鎮静法と笑気麻酔の違いとは

 

静脈内鎮静法と笑気麻酔の違いとは

 

歯科治療には、痛みや不快な振動など、様々な苦痛を伴うことがあります。それだけに歯科治療恐怖症といった病名が作られるなど、日本人にも患者は多いものです。そうした歯科治療恐怖症やいろいろな全身疾患を抱えているために、通常の方法では安全性が確保できないケースも珍しくはありません。

そんな時に活用されるのが静脈内鎮静法や笑気麻酔といった薬剤を用いた処置法です。ここでは静脈内鎮静法と笑気麻酔について、処置内容や両者の違いなどについて詳しく解説します。

 

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、点滴で使用する針とチューブを用いて、鎮静薬を血管内投与する方法です。鎮静効果の高い薬剤を血管経由で投与されるため、薬剤が効いている間は半分眠ったような状態になります。

ですから、歯科治療に対する恐怖を緩和できるだけでなく、高血圧症などの全身疾患を持っている人でも、バイタルを安定させたまま歯科治療を受けることができます。

 

笑気麻酔とは

 

笑気麻酔とは

 

笑気麻酔とは、笑気と呼ばれるガスをマスクで吸引する鎮静法です。

笑気には緊張を緩和したり、楽しい気持ちにさせたりするなどの効果があるため、歯科治療への恐怖や苦痛などを和らげることができます。麻酔を作用させる方法も簡便であるため、歯科治療の現場ではよく使われる鎮静法といえます。

 

静脈内鎮静法と笑気麻酔の違い

投与方法の違い

静脈内鎮静法と笑気麻酔は、どちらも歯科治療を安全に進めるための鎮静法ですが、上述した通り薬剤の投与方法やその効果などが大きく違います。静脈内鎮静法は注射針を通して血管に直接薬剤を投与しますが、笑気麻酔はガスに溶け込んでいる麻酔薬をマスクによって吸引します。

 

効果の違い

静脈内鎮静法と笑気麻酔では、麻酔効果が大きく違います。基本的に静脈内鎮静法の方が高い鎮静効果を発揮します。これは薬剤を血管内に直接投与するという点も関係していますが、使用する薬剤自体がとても作用の強いものであるため、結果的に笑気麻酔よりも鎮静効果が高くなるのです。

ですから、静脈内鎮静法では半分眠ったような状態になるのですが、笑気麻酔ではそれほど高い鎮静効果は期待できません。

 

費用の違い

静脈内鎮静法と笑気麻酔では、費用に違いがあります。静脈内鎮静法は使用する薬剤が比較的高価なだけでなく、歯科治療中もモニター管理などをしなければならないため、笑気麻酔と比べると費用が高くなります。

具体的には、保険が適用されて3~4千円程度の費用がかかります。もしも自費診療で静脈内鎮静法を受けると、2万円程度の費用がかかることになります。一方、笑気麻酔は静脈内鎮静法とは違い、比較的費用が安く済みます。

具体的には保険が適用されれば、5~800円程度で処置を受けることができます。もしも自費診療で笑気麻酔を受ける場合でも、2千円前後で受けられることがほとんどです。

 

どちらを選択するかの基準

 

どちらを選択するかの基準

 

静脈内鎮静法と笑気麻酔では、選択する場面に違いがあります。簡単にいえば、歯科治療への恐怖症が強かったり、治療中にバイタルが乱れやすかったりするなどして、処置に支障を来しやすい重症例に対して選択されるのが静脈内鎮静法です。一方、歯科治療への恐怖が軽かったり、軽めの嘔吐反射などが予想されたりするケースでは笑気麻酔が選択されます。

つまり、静脈内鎮静法と笑気麻酔のどちらを選択するかは、患者さんの重症度の違いを基準にしているということもできます。

 

まとめ

このように、静脈内鎮静法と笑気麻酔には様々な違いがあります。投与方法や薬剤の効果の違いに始まり、費用も両者では大きく違います。ですから、これらの鎮静法を受ける上では、事前に両者の違いについて詳しく知っておくことが大切です。そして何より重要なのは、静脈内鎮静法と笑気麻酔では、選択される場面に違いがあるという点です。

いずれにせよ歯科治療を安全に終わらせるための処置ですが、選択と誤るとトラブルが生じることもありますので、処置を受ける前にはきちんと歯科医師から説明を受けておきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。