日本人の平均残存歯数

アメリカやヨーロッパの人たちに比べて、日本人は残存歯数が少ない、というお話をご存知でしょうか。多くの動物は、歯が無くなると死んでしまいます。これは、人間にも当てはまること。年を取っても、元気な方の共通点。それは、歯が健康であるということです。欧米では歯の定期クリーニングを行うことは一般的で、歯の大切さを子どもの頃から認識しています。その結果、グラフのような違いが表れてくるのです。日本人の多くの人が見落としがちな「歯の大切さ」。歯を失くしてから、後悔してしまう人が減りますように。ハーツデンタルクリニックでは、定期クリーニングをオススメしています。
平均残存歯数の比較グラフ

定期的なクリーニングは、歯周病の予防や進行の抑制に非常に効果が高いことが学会でも認知されています。グラフをご覧ください。ブラッシングを自分なりにしっかりして、治療もきちんと受けていても、80歳の時点で歯の数はやはりわずかに6~7本しか残っていません。ところが、きちんと最新の予防プログラムを受けた人は80歳でも約16本残っています。ゲストの歯の残存数を増やすこと。それが、私たちハーツデンタルクリニックの使命のひとつです。

むし歯の予防・歯のクリーニングについて

「毎日、歯磨きしているのに、なぜ、むし歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか。以前はむし歯の原因といえば、歯質・むし歯菌・砂糖などの条件がそろうと発症する、というものが定説でした。

最近では、より詳しいメカニズムが分かり、予防法も確立されてきています。ただ一生懸命磨くだけでは、予防しきれないむし歯。だからこそ、ご自身の身体全体の健康を守るためにも、お口の健康を保つために定期健診に通うことが重要になります。

自費のクリーニングと保険診療の違い

保険のクリーニング

健康保険でのクリーニングは、むし歯や歯周病の治療を目的として行います。 歯周病の原因の一つである歯石の除去、除去後の研磨、状態の説明・指導までがその内容となっています。 保険制度上、歯石を取るためには、まず歯や歯ぐきの検査を行う必要があります。歯石や着色の除去も通常の方法で少しずつ行いますので、1回で口の中全体をきれいにするはできません。

内容 費用
1回あたり:30~60分、1~2回 2500円前後(3割負担の場合)

自費のクリーニング(プロフェッショナルクリーニング/PMTC)

自費のクリーニング(プロフェッショナルクリーニング/PMTC)は、むし歯や歯周病、口臭の予防、審美性の改善を目的とした歯のクリーニングです。 短時間 で効果的かつ快適に汚れを取ること目指したクリーニングコースで、通常1回で口腔内をきれいにすることができます。

お口の状態に合わせて最適な器具や方法 を用いるので、歯を効率良くクリーニングすることができます。

内容 費用(税込)
スペシャルトリートメント/60分 11,000円
スペシャルトリートメント/90分 16,500円

プロによる歯のクリーニング(PMTC)

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)とは、歯科衛生士によって、専用の機械を用いて行われるプラークコントロール法です。歯周病やむし歯の予防はもちろん、歯を白くする効果や歯周病やむし歯のリスクを減らすことができます。

歯周病やむし歯を引き起こす元凶である、プラーク(歯垢)。このプラークを取り除くには、毎日の丁寧なブラッシングが必要ですが、実は完ぺきにするのは難しいもの。
歯周病やむし歯を引き起こす元凶

歯ブラシが届きにくいところに、プラークが残ってしまうことが多いのです。それをきれいに取り除いてくれるのが“PMTC”。所要時間は30分~1時間程度。痛みは全くないので安心して受けられます。

PMTC

こんな方にオススメ

  • タバコを吸っていて、ヤニが気になる方
  • 歯石がつきやすい、または歯が汚れやすい方
  • 歯ぐきが腫れたり、出血のある方
  • 入れ歯やインプラントのお世話にはなりたくない方
  • 歯ぐきが痩せて、歯が長くなったと言われた、または、ご自身で自覚のある方
  • 歯周病やむし歯の予防をしたい方
  • 何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたい方

PMTCの効果

バイオフィルムの破壊

※ミュータンス菌などの細菌が集合体を作り、歯の表面に形成された膜をバイオフィルムといいます。

  1. 菌の菌力を弱める→むし歯になりにくい口腔になる。
  2. 歯周病・歯肉炎の予防。きれいな歯を保つ、口臭の予防。