インプラント

奥歯・前歯などの部位別インプラントのリスクについて

医療法人社団ハーツデンタルクリニック 院長(歯科医師、歯学博士)監修
監修者 歯科医師 永橋克史
ハーツデンタルクリニック西白井駅前の院長。城西歯科大学(現 明海大学)卒業。仕事でうれしい時は思うような治療ができ、患者様に喜ばれ、お礼を言われたとき。
ハーツデンタルクリニック西白井駅前
監修者 歯学博士 高田耕司
日本歯科麻酔学会認定医、歯学博士。麻酔での無痛治療を得意としている。
ハーツデンタルクリニック八千代中央駅前
監修者 歯学博士 加瀬武士
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前の院長。日本大学歯学部歯学科卒業。補綴学を専門分野としている。
ハーツデンタルクリニック谷塚駅前

 

奥歯・前歯などの部位別インプラントのリスクについて

 

インプラント治療には、沢山のメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在しています。代表的なものに治療費が高額というのが挙げられます。インプラント治療には保険が適用されませんので、仕方がないといえるでしょう。その他、インプラント治療を検討中の方で気にされているのが、治療に伴うリスクです。

インプラント治療には必ず外科的処置を受けることとなります。ここでは、奥歯や前歯など、部位別に考えられるインプラント治療のリスクについて解説します。

 

インプラントでよく言われるリスクとは?

 

インプラントでよく言われるリスクとは?

 

インプラント治療では、インプラント体と呼ばれるネジのようなパーツを顎の骨に埋め込みます。ですから歯茎を切開し、顎の骨に穴をあけるといった処置を施します。

これは一般的に手術と呼ばれるような処置ですので、治療の際にはそれなりの出血を伴います。また、切開をする部位によっては、歯茎の中を走っている神経を傷つけるリスクがあります。もしも、神経を傷つけてしまった場合は、感覚の麻痺や舌などの運動障害が生じることもあるのです。

その他、手術によってできた傷跡から細菌に感染して、口腔内や全身の病気を発症することもあります。歯茎だけに炎症が集中することもあれば、細菌が血管を通って全身に回ることもあるのです。もちろん、こういったリスクは適切な手術を行えば回避できるものばかりです。

 

前歯にインプラントを行う場合、気をつけないといけないことは?

どんな歯科治療でもそうですが、前歯と奥歯では配慮する点が少し異なります。それはインプラントでも同じで、前歯の治療の目的はものを噛むという機能だけでなく、見た目の良さである審美性も考慮しなければならないのです。

もしも色調や形態の合わないインプラントを埋入してしまったら、口元の審美性が低下するという問題が生じます。それから、インプラントには歯根の部分であるインプラント体と人工歯とをつなぐアバットメントという、金属で作られたパーツがあります。前歯ではこれらの金属色を上手く隠すような治療を施さなければ見た目が非常に悪くなります。

ですから、人工歯の材料の選定や技術力の高い歯科医師に治療をお願いするなど、リスクを回避するためにはいろいろ考慮しなければいけません。

 

奥歯にインプラントを行う場合、気をつけないといけないことは?

 

奥歯にインプラントを埋入する場合、まず第一に考えなければならないのは、顎の骨の状態です。インプラント体をしっかり埋め込むことのできる健康な顎の骨がなければ、奥歯にインプラント体を埋め込むことはできません。もしも、顎の骨が悪い状態でインプラント体を埋め込んだら、いろいろなリスクが生じます。

 

インプラントと顎の骨は結合する

 

インプラントと顎の骨は結合する

 

インプラント治療では、チタンと呼ばれる金属を使用します。チタンは人工関節にも使用されている材料で、人体の骨と結合する性質を備えています。実はインプラント治療においてこの点は非常に重要です。チタン製のインプラント体が顎の骨と結合するかどうかで、治療の成否が決まります。顎の骨が痩せた状態でインプラント体を埋め込むと、両者が上手く結合せずに結局抜け落ちてしまうのです。

ですから、インプラント治療を実施する前には、レントゲンやCTなどを使って、患者さんの顎の骨の状態をしっかりと調べます。

 

奥歯の噛む力はとっても強い

普段、意識してものを噛んでいるとわかりますが、食事の際に前歯というのはそれほど使っていません。私たちは主に奥歯でものを噛み、すりつぶし、飲み込んでいるのです。その分、インプラントを入れる際には前歯より奥歯の方が気を遣う点が多いのです。具体的には、奥歯では強い力で噛みますので、インプラントにはその圧力に耐えられるような設計が求められます。

同時に、顎の骨にもそれなりの強度が求められるのです。つまり骨密度や骨の厚さ、幅、奥行きが十分でなければ、奥歯にインプラントを埋入することはできないのです。

その一方で、奥歯のインプラントでは前歯ほど審美性を考慮する必要はありません。それよりも周囲の歯と上手く噛み合うよう設計を目指し、咀嚼の際に機能的に働くことを優先することとなります。

 

まとめ

このように、インプラント治療には様々なリスクが伴いますが、その都度適切な方法を選択していくことで、リスクを回避することは十分可能です。もし、前歯や奥歯のインプラント治療で、疑問点やリスクへの懸念がある方は、インプラント治療を専門とする歯科医師に相談してみましょう。カウンセリングの段階であらゆる疑問の答えてくれるかと思います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。